忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ピクミン、3巡目。やりこみ中。
ピクミンの死に際があまりにも切ない。
手塩にかけて増やして育てたピクミンが食べられたり、溺れたり、燃えたりすると、もう…。
遠足の引率をしている気分。



さて、久し振りに読み返した『からくり』。
後半と比べると勝も別人だけど、鳴海も別人。
何でまあこんなにも、しろがねに対して荒々しいんだろう、このヒト。と思ったけど、しろがねだけだよね、鳴海にずっとケンカ腰なの。
こんな調子のエピがもっと読みたかった。鳴しろまさの疑似家族『からくりサーカス』。
それから人間相手に苦戦しているあたりがね、微笑ましい。
初期プロットだと、【『アクア・ウィタエ』を飲むと『しろがね』になる制度】はないので、鳴海は人間のままで徐々にレベルアップしていく敵と戦うことになるのですが……いくら鳴海でも何らかのドーピングをしないとついていけないだろうなぁ、なんて思いました。かなり邪道な読み方(苦笑)。



鳴海は普通の人間だから。
中国拳法の達人とはいえ、それ以外の何らかの潜在能力があるわけでなし、霊力があるわけでなし、超能力を持っているわけでなし。病持ちだし。でも、退場寸前にはメンタルでは言うことなしになってたし。
成長期で驚異的な記憶力を持っている、現時点でヘタレの勝の方が、今後の伸びしろが期待できるわけです。
鳴海の肉体…ていうか体質改造は必要だったんだなあ…。
PR
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]