忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

前回の記事からどーんと日があいてしまってました。
その間、オフでストレス甚だしいことがあり、何にもする気になれなかったのです。
この年になって、人間関係で泣かされる日が来ようとは夢にも思ってなかったよ。
女ってダメだなって思うのはどうしたって感情の動物なところ。
私はそれが分かっているから話し合いの場は冷静に臨んだのだけど、トラブル相手がもうね、ひとり感情的で話にならない。
相手にする価値もなかった。


自分の非を認められない人間、他山の石としよう。


今回、『常識』『普通』『当然』を連呼されたわけですが、これが納得いかない。
向こうの言っていることは分かる、向こうの言う『常識』とやらは私も持っているもの。
ただ、私が言いたかったのはその『常識』とは違う、様々な『常識』を持っている人で作られているのが社会であるわけで、自分の身の回りの『常識』を持っていない方がマイノリティであったにしても、そのマイノリティを認めていない前提で話を進めるのは、世間知らず、なのではないでしょうか、ってこと。
実際には、世間知らず、ではなくて、乱暴、って言いましたけどね。


結局、私自身も、私の持っている『普通』とやらで世の中を計っている。
友達はまだいい、るいとも、だから仲がいいわけで、モノサシは似通っている。
でも社会ってのはモノサシの全く違う人が寄り集まっているわけだから、「皆同じ」「言わなくても分かってくれる」、なんて思いこみで組織を動かそうとすれば、間違いが生まれるのは自明の理なのだけどね。
そこんとこが抜けている辺り、しょせんは女が母集団の組織、ってことなのでしょう。
自分と違う『常識』『普通』『当然』ってものも認める、これも今回の他山の石。
認めたからって受け入れるものじゃないですけど。
PR
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]