忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

子どもたちの通っているアートスクールの今日の課題は『砂絵』でした。専用のカラーサンドではなくてどこかの海の砂とか、先生たちが旅行に行った際に採集してきた自然な色味の砂を使って砂絵を描いてました。
何種類かの砂があったのですが、私が食いついたのは「サハラ砂漠の砂」でした。当然と言えば当然(笑)。
そこの講師の方に【砂の蒐集】が趣味の方がいらっしゃるそうで(世の中には色んな趣味を持っている人がいるのですね)、その方提供のものだそうです。


サハラの砂。
まさにサンド・ベージュ。


かなり赤茶色なベージュ…テラコッタ色、の方がしっくりくるかな…。そして粒子が驚くほどに細かい!まるでルースパウダー(実際、ルースパウダーの方が細かいのだけれど、それくらい滑らか)。砂場の砂や海岸の砂に見慣れた目には砂以外のモノに見えました。


手のひらにサハラの砂を載せて指先で砂なのにジャリジャリしないその感触を味わいながら考えることなんてそりゃもう、言うまでもありませんよねー。
この砂を鳴海が踏んだんだ…ですよ(笑)!
不思議ですよね。3万人の「しろがね」がパラシュートで降りてきたシーンに色がつきました。でも思いの外赤っぽい砂の色に、「3万人の血が流れてもアシハナが驚いた程には赤く感じないかもしれないなぁ、むしろ黒だな」、なんて冷静なツッコミが入りました…ごめんなさい。


こんな私は砂の蒐集趣味のことに何か言う口など持てませんよねー。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]