忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


幼稚園経由で私のところに送られてきたアルバム業者からのDM、に貼ってあった切手。



私宛に『うしとら』切手、ネタとしてはかなりの高確率過ぎる。ダンナには
「自分で切手を貼った返信用封筒でも用意したの?」
と言われる始末。そりゃそうだよね。私も思わず笑っちゃった。



郵便局が民営化した時、切手蒐集趣味を持つ私の父が
「切手の質が落ちたなぁ」
って言ってました。やはり、どこぞの航空会社ではないけれど『オヤカタヒノマル』だとつっこむ額が違うわけで。私は切手のことはよく分かりませんが例のコラボ切手にしても俗っぽさはやや感じました。民営化した以上、売れるものなら何でもいいのでしょうけどね。かつての蒐集家たちが嘆く、「芸術的価値の低下」ってのは仕方のないことでしょうねぇ。



そんな切手の中に藤田先生の作品『うしおととら』もありました。郵便局の壁に貼ってあったのは見た、けれど私は買わなかったです。言わずもがなですが、『からくりサーカス』だったら絶対には買ってましたね。2枚ともに鳴海、もしくは1枚が鳴海のピン、そんな切手だったら確実に2シートは買ってましたね。
ま、どうしたって先生の代表作は『うしおととら』ですからいいのですが、43巻分も連載してマイナー色がある作品ってのが…ホント不思議です。
尤もジャンルとしてメジャーでファンサイトさんが山程あったなら、私も満足して自己満足作業なんてしてなかったですから。これもまた縁なのでしょうね。

PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]