忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

小学校は明日プール開きです。スク水ちゃん出現。


娘はソファでクロール(?)中。
ちなみに彼女の水泳歴は2歳のときにコナミ3日間。
どうしても顔が濡れるのに耐えられなかった。





昨日、幼稚園で保護者参観がありました。
6月の土曜日にやる辺り、昔で言うところの【父親参観】なのですが、最近は色々デリケートなので【父親】はつけません。母の日、父の日にやった「お母さ ん、お父さんの絵を描く」もなし。やるやらないは学校や幼稚園の方針にもよるのでしょうが娘たちの通う公立はどっちもありませんでした。
マイノリティであるところの親のない子どもの心を重んじてやらないか。
あくまでマジョリティである子どもたちの親へ感謝する感情を育てるか。
もっとも、年に一度のイベントに頼らず(それも学校の)、日々の生活の中で自分の子どもに【感謝に足る親の姿】ってものをどれだけ見せているか、の方がずっと大事なのですよね。


それと関係あるのか、ないのか。
昨日はそんなわけで普段は見ない父親ってのがたくさん姿を現したわけですが。
この父親の、挨拶のできないことできないこと!
「おはようございます」
「さようなら」
そう声をかけられたら初対面の相手にも
「おはようございます」
「さようなら」
でしょ。
挨拶の言葉は母親と娘に言われたもので(向こうも母子だから)自分には無関係、だから特に口を開かないって男が多すぎる。
「いやあ、いつも子どもがお世話になってます。名前は何て言うの?これからも仲良くしてやってね~」
って愛想良く言えなんて言ってないのです。挨拶には挨拶。子どもの前で挨拶の見本を見せられなくてどうする?これだからだめだ、日本の父親。せめて会釈くらいしろ!


子どもは親の鏡なの。子どもに何か問題があるのはその接し方に問題か間違いあるの。それを未然に防ぐためにも、子どもの前では時にモラリストの仮面をかぶ る必要がある。いつも子どもを正論で縛り付けろ、って意味じゃないですよ?せめて幼稚園で習う人間関係を円滑にする手段くらいは子どもの前でやろうよ、っ てことです。親は子どものお手本なのですから。
しかも父親なんて今時死語だろうけれど大黒柱だよ?父親の雰囲気・態度がその家庭に大きく影響するのだから。父親って責任重大なんだよ?自覚がないんだよねー。
ちなみにウチのダンナさんは商売人なので挨拶にはうるさいです。
尤も、私は挨拶ができない男は 大 っ 嫌 い ですから。人間の基本のなってないようなヤツは話す資格もない。
器用にやれとは言わない、不器用でも出来ることはちゃんとやろう。


昔、とある先輩が言ってたこと。
「男は社会で自分と言うものの価値を上げることができる。でも女は家庭に入ってしまったら望む望まないに関わらず『○○さんの奥さん』と呼ばれて、結婚相手の価値で見られる。だから男は頑張らなくてはいけない」
今、考えると女性解放論者に叩かれそうな発言ではありますが、成程な、とは思います。ダンナ次第では「この人はこんな男しか捕まえられなかったんだな」っ てなりますもの。実際いるしね・・・夫婦って似てくるし、破れ鍋に綴蓋だし、変なダンナだと奥さんも変って思われる、そういう夫婦。
結論は、頑張れ男たち!なんでしょうかね。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
挨拶出来んヤツは駄目です、
よく聞く話では、バイトもせずに大学→就職の時に会社で言葉遣いでしこたま叩かれる話、
後は例えば接客業や営業をした事の無い人間は初対面の人相手に口ごもってしまいますね。
まぁ、恥ずかしいんでしょうね?、それか軽々しく口を開かないっつー訳の解らないプライドなのか・・・

旦那の価値で奥さんの価値が変わる、辛い立場ですねぇ・・・、家事に入ると母親の価値で子供も変わるなんて言われそうですし・・・

世間体、僕にとってもこの言葉はずっしり圧し掛かってきます・・・。
Posted by こう 2009.06.14 Sun 13:10 編集
挨拶は基本です。
親が挨拶に気配りをし、「ママの真似をしなさいね」って言い含めても、子どもは挨拶し損ねるのですから全く挨拶をしない親を見て育てばその子の大人になった姿ってのは容易に想像できます。そういった面では一緒にいる時間の長い母親の責任は重大です。

世間体、そうですね、こうさんには格別重たいでしょうね。こうさんのよく仰っていた【覚悟】にはそういった諸々が含まれてますから。
2009.06.15 Mon 10:33
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]