忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

スク水に萌えてくださった方がいらっしゃったので懲りずにもう一枚(笑)。






いまだソファの上を水泳中。
ソファに挟まっているのは運動会の未就学児童のかけっこでチビチビがもらったメダル。後に水泳大会の表彰式ごっこで使用。



この後、彼女はゴーグルに肩掛けタオルのいでたちで水泳教室の先生になってました(生徒はぬいぐるみ)。妹の方は何を考えたか、パン一で肩掛けタオルに なって「ばかやろー」「げんきですかー」を連呼。「いんちきのあにき」の真似をしていると言ってました。思わず吹き出してしまったよ、「いんちきのあに き」(笑)。



最近の子どもは背が高くモデル体型の娘さんが多いです。手足が長くて腰の位置が高い。椅子に腰かける生活からか、私が小さい頃にはありがちだった『畳に ちゃぶ台』で培われる、『でっぱった膝小僧』って見かけないかも。バレエを習っている子も多いので、姿勢からしてスラッとしているのも。
実際、子どもらしい『肉付きのいい、ずしりと重たそうな体型』の子もちゃんといますけれどね、細い子は細いです。ウチの娘は食が細いので尚細いです。もう少し肉をつけてもらいたい。
上の娘は私の子どもの頃の体型にそっくりです。手長足長星人なところ、足が幅細薄っぺたなところ、姿勢が悪いところ、手指が細長く不器用で全体的にどんくさいところ。



子どもの自分に似ている悪いところってすごく目につきます。何でこんなに似ているのか、血って怖いなぁって思います、教えたわけでもないのにこんなに小さなうちから分かること。
だからね。
ルシールも小さいエレを見て分かったと思うのですよ、エレはアンジェの娘だって。
何でこんなに手の形がそっくりなの?何でこんなに輪郭が似ているの?毛の生え際が、爪の形が、泣き方のひとつひとつ、それが自分でなくても父親だったり、隔世遺伝で他の身内の誰かだったり、特徴的な部分ほど似るのですから。
私は『からくり』バカですからね(笑)、実の娘の中にそっくりな部分を見つける度に、原作の中に取り残されてしまったルシールとエレオノールの関係がとても寂しくなってしまうのです。
(正直、エレが一言もルシールに言及しないのにそれを差し置いて、母親の位置づけをしている最終回のミンシアにちょっと・・・って思ってしまう、エレ贔屓の私。仕方がないとはいえ、納得いかないものは世の中にはある)



「自分の時間は憎むことではなく愛することに使いなさい」
そのルシールの言葉を黒鳴海が回想する、そのエピを藤田先生が描いてくれていたらきっと涙なくしては読めない名場面になっていたと思うのです。ルシールの ことは皆さん好きでしょう?鳴海・しろがね・勝の主人公組には好き嫌いが分かれますけれど、あの悲哀の女傑・ルシールのことが嫌いって人はいないと思う。 藤田先生の描く老練キャラって天下一品だもの。ルシール再登場ってだけでも感涙なのになぁ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
やべ~ッ!!!!
スク水に萌えるなんて!!!
そんな不健全な男子が又しても釣られてやって来ましたよ(笑)
表彰式ごっこに猪木ごっこ、空さんも参加してたならば尚更見たいその光景。

自分や愛する人と酷似する愛子、自分の遺伝子を受け継いだ子を見れるのは親の特権ですよねぇ~。
『もう少し肉をつけてもらいたい』、ウチの親と同じ考えに思わず爆笑しました、僕も少食ですから・・・

あぁ、やっぱ自分の子供は可愛いんでしょうね?本当にスゲー羨ましいっすよ。
でもその健やかな娘の成長と共に旦那さんは心配の種が増えていくんでしょうね?
Posted by こう 2009.06.15 Mon 11:34 編集
いいですよ、スク水。
私が11歳の頃、プールの授業の時、40歳くらいの男の先生に「○○(旧姓)の体型ってモデルみたいですげえな」って言われたのを覚えてます。今思うとどんな目で人のことを見てたんだ?って思いますけど(笑)。身長が160cmで体重38kg前後、無駄肉はまるでなく妙に胸だけ出てたらやらしいですよねぇ。等身は高い方だったから…(自分のことなのに遠い目)。
「そんな体型でランドセルに黄色い帽子なんて犯罪だよ」って誰に言われたんだったかな?

そんな私の娘ですから行く末が楽しみです。
2009.06.17 Wed 13:46
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]