忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ちょいと私も行ってきました。









昨日から2泊3日で子どもたちが私の実家にお泊まりに行ってくれることになりました。
品川駅でちびっ子を父に引き渡した後はもう開放的で・・・!さあて、どこに行こうか、と考えて川崎にある某インテリアショップに行くことにしました。引っ越し前だったら船橋ららぽーと店、ちょっと前だったら名古屋パルコ店(今は閉店)で用が足せていたのですが、新しい家からだと川崎ルフロン店。遠くはないんだけど乗り換えがあってそれだけのために子連れで行くのは面倒で。私はそのお店で売っているインセンスの香りがとても好きなのですよ。どうしても買い足しに行きたかったので、品川からなら京浜東北ですぐだし、この機会を逃すわけにはいかないわ、と買い込んできました。


ピンポイントで買い物してすぐに駅改札に戻る。
ふと、「川崎って最近どこかで見たよね・・・」と考えて、「ああそうだ、迅さんがDNA展に行ったと日記に書かれていたんだ」と思いつき、せっかくなので私も足を伸ばすことにしました。携帯から調べて川崎駅だったら川崎市市民ミュージアムのある武蔵小杉駅は電車ですぐと判明、更にバスを乗り継いで行ってきました。


さて、私が見たのは後期展示になります。
後期は『からくり』も『うしとら』もカラー原画が一枚ずつでした。モノクロ原画はなし。ジャコを操る勝と大鎌に横たわるしろがねの見開きカラー、鳴海は・・・どこにもいませんでした。


えー・・・、迅さん。
迅さんが名古屋からはるばるいらしてご覧になったのが前期展示で本当によかったです(鳴しろファンとしてつくづく)。前期は鳴海の半分ピエロのカラー原画と、「そんなカトウがうらやましい」の鳴海の大ゴマ見開きですものね。迅さんがいらしたときに既に後期展示に入れ替わっていたらと考えると、私は関係者でも何でもありませんけど大変申し訳ない心地が(苦笑)。
何しろ、こっちに着いてからもミュージアムまでの経路がなかなかねー、わざわざ行く、って感じの場所ですし(小杉の皆様すみません)。本当に迅さんのために鳴海が用意されていてよかった。ちうか羨ましい(笑)。


まぁ、私は自宅からでもドアtoドアで1時間もかからないので(乗り継ぎが面倒なだけで)、子どもから解放されたノビノビ散歩ができただけよしとします。鳴海がいなかったのは残念至極ではありますが。
前期のカラーが鳴海のピンだった段階で後期はきっと鳴海じゃないな、という予想はしていたのでモノクロを期待してたのですけど、まさかモノクロがないとは・・・。これもきっと普段から辛口展開している私に対する神の戒めだな(笑)。


今年の夏は図らずも藤田先生の原画を拝む機会に2度も恵まれました。
つくづく、先生、もっと大規模な原画展を開催してくれないかなぁ・・・地元北海道に藤田和日郎ミュージアムを建ててくれてもいいよ。『からくり』プッシュな企画展のときは日帰りでも見に行くから。都内だったら年パス買ってもいい。
もっと先生の原画を見たいですよ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]