忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去記事。
エレジェニー・バックハグ編。






くたびれた心を癒すために人形で遊んでみた(笑)。
こんな感じ~。



エレジェニーが幸せならばもうそれでいい・・・。・゚・(ノ∀`;)・゚・


違うアングルの写真も何枚かありますので、見たい人は続きをどうぞ~。
今日は普通ですよ~。
PR
過去記事でサルベージし忘れたフラジェニーのあれこれ。





今現在、ベースが出来上がりました。まだまだ手はいれないといけないんですがジェニーにポーズを取らせて手直し箇所の確認をしてみた。
とりあえずこんな感じ↓。



モデルはチビの量産型ジェニーちゃん。リンゴの代わりにチビのヘアーゴムを持たせて気分だけ出してみた。
その頃のエレジェニーちゃん。↓



「いやん、覗かないで」、と裸エプロンで放置中。


つくづく。藤田先生の布使いは不思議だ。
フランシーヌの腰に巻いた布、あれは一体どう巻いているんだろう・・・?それからフランの服の素材って何?座ると足の形が浮き上がって見えるくらいに柔ら かい素材、ガーゼみたいだけれど。同じ服を何度も洗いすぎて出るくたんくたんな感じ、なのかなぁ?流石にあんな布は探してこられなかった・・・。勿論、フ ランの服には「いい布」なんて使われなかっただろうからねぇ。


ドレスは安くて薄いベージュの生地を使用。肩掛けと腰布は古ぼけた色合いのドレスとは触感の違うものを使用。縁はあえて縫い代の始末をしないでジグザグをミシンでかけただけ。基本的にワザと縫製も乱暴(いや、私が元々そんな風にしかできないって話も・・・。汗)
この画像じゃあんまりよく分からないけれど肘まで腕まくりさせて、胸元に切れ込みもいれてあります。



「あはは、もう!びっくりしちゃった。」をイメージ中。
予想以上に身体が硬い。エレジェニーも同様、膝が硬くておネエ座りができない。



この先考えている手直し。
・まず帽子が大きいので後頭部の辺りを縫い縮めること。
・それからジェニーの身体が硬くてスカートのしたで脚が思いっきりW字になっているので後部の
スカートが原作のように丸く広がらない。予想して腰周りを全部タックにしたんだけどまだ足りない
らしい。
・新しい布のせいでパリッとしているので何回か洗濯機に突っ込むこと。
・同じく新しい布なので汚れがまったくない。フランの服は汚れて染みだらけのはずだから、紅茶や
コーヒーでまだらに染色すること。
・同じく汚した布でツギアテを作ること。
他に何かあるかなぁ。


結構、人形の服作るのって楽しい♪


***
ちょこっとずつ進行しているフラジェニー制作計画。
こんな小道具も用意しました。



カゴとリンゴ。


カゴはいつだったか結婚式の終わりにもらうドラシェなんかが入ってたもの。チビたちがオモチャにしてたのを失敬。元は真っ白だったので水彩絵の具でペテペ テと茶色く彩色。原作だとカゴに色は着いてないけれど、まずこんな漂白されたような白じゃないはずだし、おそらく木の蔓を編んだものくらいしか持てなかっ ただろうから勝手に茶色に決定。
本当はもっと薄型なんですよね、フランシーヌの持っているカゴって・・・でもまあよし。気分だから。


リンゴはナチュラル系のインテリア雑貨店で売ってたリースにくっついてたのを使用。如何せん、ジェニーの手に比べいささか大きいのだけれど・・・そう、普 通の梨と二十世紀梨くらいの違いがあるかもしれない。でも、紙粘土で作るのよりは色質感がリンゴらしいのでクオリティを重視、ということで。気分だから。


後は衣装の腰布のヒダを作ってちくちくと縫いとめる作業をしています。やっぱりただ腰に布を巻くだけではあのヒダヒダが出ないんですよね。衣装と小道具に関してはこれが終われば完成。



さて問題の銀髪ジェニー。裸エプロンちゃん。


このまま↑ではどうしても髪の毛にボリュームがありすぎるんですよ。一応ショートな娘さんなんですが。
エレもフランも短いようで長く、時に長いようで短い不思議な髪型をしてますんで・・・やはりハサミを入れなければなるまい、と入れてみました。
作業台の上に全裸で立つジェニーの銀髪をチビたちの前髪を切る梳きバサミでチョキチョキと。
1万5千円の人形にハサミを入れる、この恐怖。失敗したらハゲになる失敗したらハゲになる失敗したらハゲになる・・・ドキドキものですよ。娘の前髪がオン ザマユゲになるかもしれないことの方がどうってことないですよ。生えてきますから。でもジェニーは生えてこないのよ!でも果敢に攻めないとどうにもならな い。
何て度胸がいるんだろう・・・!


とりあえず、大匙一杯弱くらいのシュクル・フィレみたいな銀髪が作業台の上に散りました。でもまだ切り足りない。でももう今日の分の度胸は使ってしまった(涙)。
また後日、度胸を養ってリトライします。



***
しばらく間を開けて度胸が培われたので再度チャレンジしてみました。
エレジェニーの散髪。


原作のエレと見比べながら試行錯誤。
エレの髪型はサイドは顎と同じくらい。耳は見えない。頭の形が分かるくらいにピッタリと頭部のラインに添っている。後頭部も同様で、彼女には髪のボリュームが出すぎて困る、なんてことはありえないように思われる。
毎朝、大泉洋になって困る私とは対極にいらっしゃる。


そのうちに梳きバサミじゃ全体的な長さの解決にはならないことに気がついて、普通のハサミもツールに追加。切れ味の悪さに閉口しながら思い切ってサイドと襟足の髪を5mm程度カット。それから内側の髪に梳きバサミを入れまくって、大匙1杯強の散髪を決行。
二度目は慣れもあってかなり大胆に切っちゃった。
で、現在のエレジェニー↓。


(後)

(前)
比較して何となく短いの、分かります?


(後)

(前)
襟足近くは段カットにしてみた。


画像で見るとあんまり違わない?もう少し切った方がいいのかな?どうでしょう?
一応首周りもスッキリとして首が長く見えるようにはなったのですが。
でも肉眼で見るのと画像を通して見るのとでは印象が違って見えるのは確か。実物の見た目よりも髪のボリュームが出て見える。もう少しだけ、気持ちハサミを入れることにします。
ふと。
美容院の人ってすごいよねぇ。何でもそうだけど「何かを作り上げ形にする」職業の人って尊敬する。
次回、エレジェニーのお目見えはフラジェニーの完成かと存じます~。





相変わらず、人形をいじってる私は楽しそう(笑)。

人形ネタの過去記事が続きます。





最近ヤフオクで落とした服が届きました。
おしゃれな服はキツキツなGUY鳴海も軍隊関係ならOKな模様。どんだけゴツイんだ、鳴海!



 
背景がファンシーでスミマセン(汗)。



21st製 1/6 US NAM 米軍ODジャングルファティーグ上下着用。
上下にセパレートなんですが上着をインしてツナギ風にしてみました。黒鳴海in仲町サーカス。
のつもりだったんですが何だかこのままジャングルに突入していきそうだ(汗)。エレがいないとただ軍人にしか見えないなぁ。ブーツももう少し短めの、編み上げで安全靴みたいなのを探してみようか。




 
腰には本当は胸に装着すべきチェストリグを腰に・・・こんなん巻いてたでしょ、確か。



 
本当に今すぐ戦争に行きそうだね、アンタ・・・。



後、手袋だよね、必要なの。考えてみよう。
原作のツナギを着ている鳴海って何だかうらぶれてて小汚くてね・・・。
私ね、思うんですよ。再会してドラマ展開中のふたりをリシャールが邪魔した後、鳴海はエレの前から去ろうとしますよね?そうしてエレは「私の前からもうい なくならないで!」になります。「あなたの女です」エレはもう鳴海と離れたくないわけですよ。で、「入団を許可します!」って発言になるんですけど。


エレが鳴海の後を追い、着いて行く。の方が自然な流れじゃないのかな?って。


鳴海的にはエレのテリトリーに入って監視するよりは、エレを自分のテリトリーに入れる方が建設的じゃないですか?アルバイトしながら片手間に監視、あちこちにサーカスのメンツがいる中で「ゾナハの止め方を吐け!」って荒っぽい尋問、なんて無理じゃないですか?
普通で考えたら鳴海の取るべき行動はエレの拉致ですよ。そしてエレの取るべき行動は鳴海の行くところに自ら着いて行く、ですよ!そんな鳴海の行動に勝が顔 無しの息が掛かっていると誤解してもいいじゃないですか?鳴海VS勝ってのも見てみたかったですよ。鳴海はエレに対する愛憎の葛藤を抱え、勝は命の恩人へ の想いとエレへの恋心の狭間で戦う。小学生が大人の恋愛に参戦するってならそれくらいのことは必要でしたよ。エレのために鳴海とも戦える、っていうのなら 勝の愛も認めましょう。






どうもここらへんの妄想が「エレが鳴海を追いかけるSS」に発展したっぽい。
3年前の記事ですが全くの同意です。
先々代ブログからの発掘記事。
人形ネタが続きます。






重心移動さえきちんとしていれば自立するGUY鳴海も複雑なポージングだと流石に立っていられないらしい。やはり専用スタンドを買いに行かないとダメだなぁ。
しょうがないからとりあえず、壁に寄りかからせて撮影してみた。コレ↓




カンフー服一式を入手。



厳密にはカンフーではないし、色も紺だけど気分は出る。何となく(笑)。型が分かれば(そのうちに)白で自作できそうだし。
で、やはりこういうポーズだと関節に踏ん張りが利かなくて開いていってしまう。
鳴海っぽいっちゃ鳴海っぽい。




 
いささかGUY鳴海にもダブダブ。これが白の道着だったら絶対にハチマキ締めさせてる。



 

 かなり楽しい(笑)。







人形記事はどれを読んでもノリノリである。

過去ブログ発掘記事。







「おぼっちゃまからはなれろ」



な場面のつもりなんだけど誘惑しているように見えるのは何故(笑)?エレジェニーでさえセクシー度が上がるんだから、そりゃー本物エレじゃ鳴海も動きづらくなるよ、うん。
ちなみにノーパンです。パンツを穿くと透けて白が濃くなるんですよ。だから原作のエレもノーパン決定。個人的にはノーパン推奨♪



↑ ココマデ



うん、もう大丈夫。
自分なりにゆっくりやっていきます。
話を聞いてくれた方、どうもありがとうございました。話してよかった。
やっぱり動揺してたみたいです(苦笑)。いつもより気持ちの振れ幅が大きかったように思います。

新年一発目にこれをやるべきでした。



お久しぶりのエレジェニーです。
慌てて撮ったのでピンポケだし、バニーにしては色気がない服だし…後日再チャレ(涙)。
前回の記事の続き。



*****
一昨日、UPした画像を見て、カゴの深さがどうにも気になってしまいました。
ので、カッターで半分に切って、底を貼り付けて浅型のカゴに手直ししてみました。



一昨日のものよりフランシーヌっぽいと思いません?


だって何だかお買い物カゴみたいに見えたんだもん。リンゴも見えないし。
これにて本当に完成です。
*****



ジオのファイルを漁ったら人形ページも発見。せっかくなので白ページの一番下にリンクを戻しておきました。当時の私のノリノリさが垣間見えると思います。
本当は色々な衣装を作る気マンマンだったんだけど(汗)、日々の忙しさに負けてフェードアウトしていった企画です。銀の衣装も頓挫している…せっかく婿を頂いたのに(陳謝です)。



カウンタが37000を超えていることにも気が付いてます。後もうちょっとですので少々お待ち頂けるとありがたいです。オフが本当に忙しいのです。
某管理人様。
記事にコメをつけようと思ったのですが長くなりそうなのでこっちで…と思ったのですが(笑)、休日は家族がいてそれもまたなかなかに書くのが難しい。のでフランシーヌに関する過去記事を発掘してみました。
ここらへんは何度も同じことを訴えているので絶対に過去にそこらへんのレビューをしているのがあるはず。探してみます。


フランシーヌの意見には同意です。作者が意図的だったとしたらとんでもないです。金への救済策だったとしか思えません。でもまぁ…意図はないと思う。彼には複雑な恋愛模様は描けないからね。いい意味で感情のベクトルは『各登場人物につき一方通行のものを一つ』と分かりやすいから。


『からくりサーカス』という作品の根幹にいるのが「愛してくれるなら誰でもよかった、金が先に求愛していたら金と一緒になっていた尻軽女」だったとしたら、何もかもが浮かばれませんね。物語自体が非常に薄っぺらく感じる。フランシーヌと対比されるしろがねのヒロイン性も地に堕ちるし(そうでなくても作者自らの手で株の大暴落を引き起こされているのに)、造物主のために笑えるようになりたい、「本物のフランシーヌになりたい」と必死だったフランシーヌ人形も悲劇です。
作者の描きようでフランシーヌにそういう見方ができる隙が与えられてしまったのだとしても、そういう考え方をするのはどうなのでしょうね。

どちらのサイト様もハロウィンイラストにあふれつつあるシーズンなのですが・・・ウチはどうにも期限切れを迎えそうな予感・・・80%近く描いたイラストもあるのですけれどUPするのは来年かなぁ(笑)。



それじゃ何とも寂しいのでお人形さんに久し振りに登場してもらうことにしました。
4月に引っ越しをして以来、ですよ、遊ぶの。
しまう時に、「鳴海の腕枕で次の機会を待っててね」なんてやってたんですけどね、エレの髪にしっかりと寝癖がついてました(笑)。最後にやった高校教師ごっこのカッコのままだったのですが・・・人形って服着せたまま放置っていけなかったのかな・・・GUY鳴海の足が黒いソックスに染色されてしまってました(迅さん、ごめんなさい・・・婿になんてことを・・・!)。エレの腕もなんか・・・変な形に圧がかかってたのかな?跡がついて硬くなってしまってた・・・ごめんよ、ふたりとも・・・(陳謝)。
とはいえ、遊ぶには遊べるので。






Happy Heloween!





本当はこんな事をしているヒマはまるでなく!
明日がハロウィンパーティなので家中の掃除をして、買い物に行って、をやらないといけないのに(汗)。子どもたちがいる土日にはできなかったので、やりたくてたまらなかったのだもの。






おまけで、何だかよく分からない猫耳鳴海(笑)。



ツナギ姿の黒鳴海に「えい、羞恥プレイさせてやる」と、リカちゃんの猫耳をつけてみた(笑)。
本当に何が何だか。
先だって子どもたちだけでおばあちゃんのところに泊まりに行ってくれたとき、すごくのびのびと解放感に浸れたものですが、心底思ったのは一日だけでは足りず、ついでにダンナに留守にしてくれるといいなぁ・・・ってことでした(ダンナごめん)。
一日だと買い物して、家の片付けもして、それから趣味の世界に没頭してになるけど、やりたいことがSS、ラクガキ、人形遊びと・・・たくさんあるんだもん。人形にまで手が回らないんだよ!
人形で遊びたいよう・・・子どもがいなくてもダンナがいちゃあ・・・尚更やれない。


旧ブログの人形記事です。
以下、過去記事です。↓





今日はエレジェニーの世界の新しい住人をご紹介します。




「タランダ・リーゼロッテ・橘デス。よろしくお願いします」





えー・・・リーゼリカちゃんです(笑)。
様々なタイプのリカちゃんは世におるのですが、意外といないのが『黒髪ストレート』のリカちゃんなんですよ。リカちゃんのデフォは金髪ストレート(よくCMに登場する彼女)、次によく見かけるのが茶髪のパーマ娘。黒髪ストレートの子は和装にセットでついてたりするんですが割高なんですよ。
(自分のエレジェニーは1万5千円も出したくせにねー。苦笑)


でも、夏に富士急ハイランドのリカちゃんハウスに行ったとき、併設されているショップで黒髪の子がいたんですよ。何かに使える(?)と思って買っておいたのをようやく出せました。
明るいところで見たら黒髪じゃなかったんですけれど・・・Orz。
ま、ご愛嬌ってことで。






エレはシャツ&ベストの制服が似合うと思うんだけれど、リーゼさんは何となくセーラー服の方がいいような。
今のご時勢はスカート丈が短いからこんな感じだけれど、『からくり』初期にエレが来ていたような丈の長い紺のセーラーが一番リーゼさんっぽい。

 




あら、ピンボケ(汗)。
前髪がちゃっきり一直線だったので、整髪料で前髪をセパレートしました。



 

ラブ米か、シリアス愛か?




「あ・・・カト・・・」
「しろがね」
「すまない・・・」 











そこに礼儀正しい娘さんが。



「「「あ!」」」
「わ、私は何も見てマセンからッ!」
「違ッ!」
「ご、誤解なんです、リーゼさんッ!」
「たたた、たまたま通りかかっタだけデスからッ!」
「てゆーか、ちょっと待て!」
「つまずいただけなんです!それでカトウにぶつかって・・・」
「勝サンにも内緒にシマスからッ!」
「本当に何にもないんです!!」



ラブ米でした(笑)。





↑ 以上、過去記事。
どこかで萌えが形になっているといいな・・・。
家事、子育て、SS、ラクガキ、人形遊び、で最低5体は欲しい。自分を入れて6人の私で家のことと鳴しろをローテーション。
ホントにダメダメな主婦かつ母だな・・・(涙)。


今日も旧ブログから過去記事発掘です。
もちろん、エレジェニー。
以下が過去記事です。↓







先日、銀座の博品館にあるリカちゃんショップに行って来て、子どもが欲しがるヤツは「部屋をきれいにしないと買ったげない」と言いながら、自分の萌えの足しになるものだけを購入。最っ低の母よのー、とひとりツッコミを入れながらも欲望は抑えきれず(笑)。


必要なのはそんなピンクでフリフリの衣装じゃないのだよ?
必要なのは地味でも日常、もしくは夜の生活の非日常が漂ってくるような衣装なのだよ。
(よく分からない理屈だわ。)
で、今回そんなどうしようもない女がチョイスしたのはコチラ↓。








女子校生エレ。
UPしてみたら思いっきり逆光だったね(陳謝)。画像をクリックして大きくして見た方が見やすいです。





(多分)勝の小学校近くの高校に通う、・・・90歳のピチピチしろがね。
90歳だったのか・・・・読んでて、その設定に複雑な気分になることも実はしばしば。いや、見た目はしっかり18歳だからいいんだけれど、90歳って言っても精神年齢が90歳なわけじゃないんだからいいんだけれど、90歳っていうと「(まだ健在の)ダンナのおばあちゃんと同世代なんだ・・・」って思っちゃうから(涙)。




 

エレってワザとサイズの小さい制服を選んで無意味にパツンパツンで着ている気がしたから、エレジェニーが着ているのも一回り小さいリカちゃんの衣装。スカート丈も極短。
靴下も厚手の白とストレッチな紺のとついてて、同性ながらけっこう萌え萌えで着せ替えしてしまいました(汗)。何となく・・・女子高生に萌える男性の気持ちが分からないではないね。


で、せっかくなのでダンナの衣装も合わせてみた↓。






これも逆光だった、すみません・・・。
つーか、GUY鳴海、かっちりした服装が似合わないのにも程がある。多分、このシャツとNEO-GUYの首周りとが合わないんだな。どうにも苦しそうだ。



 


これがブレザーだったらGUY鳴海も高校生に見えたのかな(それでも微妙だなぁ)?
何やら妖しい雰囲気のふたり・・・。





GUY鳴海が高校生に見えないなら教師でもいいやー、なんて思ったんですけれど。
可愛い教え子に気はあるけれど教師と生徒って立場もあるしなんて手が出せない鳴海と、好きな先生にどうしても素直になれず可愛くない口をたたくツンデレ優等生エレ、みたいな学校モノか、なんて。






でも何か違う。
すでにこのふたりはデキテイル。





「学校では・・・できるだけ接点を持たない約束だろう?」
「そうなんだけどよ・・・」
鳴海先生、このままエレを教室の机に押し倒しそうな勢いです(笑)。





↑ここまで過去記事。


しろがねって原作開始時点で18歳、誕生日は1月。
ってことは何も無理して高校に通う必要ってないよね。鳴海と同学年になるわけで。
早生まれじゃなかったら構わないんだけど、と言ってももっとも、しろがねは自分の誕生日を知らないわけだから仕方ないか。きっとしろがねに制服を着せたかったんだろうね、先生が。
とことんまでつっこんでしまえば、義務教育でない高校にわざわざ通う必要性ってないものね。中学生のリーゼなら分かる。でも勝を守るのが最優先ならばむしろ、小学校の教師としてねじこんだ方がずっといい。
しろがねの女教師っぷりってのも・・・なかなかそそられるわ・・・。
ダンナの夏休みが8月下旬なので、いまだどこに行くわけでもなくフツーに「子どもが一日中いるってだけでどうってこともない日常」を過ごしている私です。冷夏とはいえ日中に外に出るのはさすがに辛く、用がなければ家の中で過ごしているので最近ではペンタブラクガキを楽しんでましたが、とうとうラクガキツールをガキんちょどもに奪われました(涙)。女の子はお絵かきが好きですねぇ…。私の作業を見ていて楽しそうだと見てとったのでしょう。
てゆーか、娘よ。私の絵を見て「マサル」だの「しろがね」だの言うのはどうかな?


そんなわけでネタ切れです(笑)。暑いってだけで家にいる私に何のネタがありましょう(開き直り)。
そんなときは旧ブログの記事でお茶を濁します(苦笑)。
以下過去記事です。困ったときのエレジェニー♪








週末も終わり、バタバタの月曜日も終わり、今日はやっとゆっくり人形が出せました(笑)。
よし今日はヤツラの散髪をしよう、と思い立ちました。

まずはエレの髪を切る。GUY鳴海の方が頭が小さいので髪の量を少しでも減らして小さく見せようと足掻いてみる。
で、その後、問題のGUY鳴海。
とにかく毛が厚い!梳いて梳いて梳きまくる。髪の内側に梳きバサミをいれまくり全体量を半分に減らすことに成功。全体的に鳴海にしては長いので少し短くしてみる。表面も同じ長さだとオカッパな印象なので段を入れてみる。
まだまだ修正の余地は山程だけどくたびれたので今日はここまで。
ちょっとは鳴海に近くなったか?と思ってふと。
あ、れ?最初は銀にして遊ぶんじゃなかったか、私?銀にしては・・・・縛ると短いかも・・・・。
ま、いっか。何とかなるでしょー。

人形遊びのベクトルがすっかり変わってしまっている今日この頃。


で、今日の婿殿。↓



 
パンツいっちょで小難しそうにしている・・・。


後ろから。鳴海というよりはむしろ・・・。



某大サーカスの坊ちゃんに見えるのは何故・・・?
毛先の向きが揃っているせいか?いや、ハイブリッドな婿がいい男すぎるからか。
難しいなぁ、三次元(涙)。



さて、恒例(?)の関節駆動の研究です。
今回は年齢制限を設けませんが、変な世界なのでやはり隠します(苦笑)。

昨日の記事の
明日はちょっと大人の時間かも♪
というのは旧ブログの文です。
新ネタは出ません、ごめんなさい。
人形で遊びたいのは山々なのですが、今日なんか昨日に引き続きチビチビが熱出して伏せっているので・・・本当にまとまった自分の時間がない・・・。


でもせっかく(?)ですので今日も旧ブログから『大人の時間』部分を引っ張ってきました。
手抜きですみません(汗)。
前回も一応気を使って12禁にしてましたから今回も隠します。

文字だらけブログも味気ないので旧ブログからの発掘。
人形バカップル記事(バカなのはむしろ私か)。





私はどこかで道を誤ったりしてないだろうか・・・そんな風に不安にもなる今日この頃。
家事もそこそこに趣味の世界に走りまくる・・・こんなことでいいのだろうか?
おかげで一日が経つのが早すぎる。ブログを更新し終えた頃にはチビたちを幼稚園に迎えに行く時間が迫っていることだろう。個人的には充実してていいような気もするんだけどね。ヒトとしてどうかな?


そしてそんな義母の気持ちなんてお構いなしの今日のGUY鳴海。



鳴海っぽい一揃え。


エレジェニーはとりあえず衣装があるのでいいけれど、GUY鳴海の服はない。せっかく婿に来てもらったのにそれじゃあ可哀想なので早速通販してみた。(株)アゾンインターナショナルで1/6ドールのメンズ服を適当に。
NEO-GUY規格の服って見つけられなくて。デカいんだもん。
だから多分、NEO-GUYには規格が合わないことを覚悟で買ってみた。
Tシャツは入る。スニーカーも入る。タンクトップはそのままでは着られないけれどサイドを裁ってボタンでもつければ何とかなるかもしれない。ジーンズは入るけれどGUY鳴海はケツがデカくてボタンが止まらない(笑)。Tシャツの裾で隠しているけれど前は開いてるし半ケツだし、かなりセクシーな状態だということは秘密。



髪も切ってみた。


銀として遊ぶにも長髪すぎるので6cmばかり切った。縛るとかなり太いので髪の量がおそらく全体的に多すぎるとみた。縛った部分はやはり先細りでないといけないのでかなり梳いたけれどまだまだ。日を改めて再度チャレンジ。


さて、エレジェニーもくっつけて遊ぼうと思ったら、ジェニー用のドールスタンドが壊れちゃった。エレジェニーはGUY鳴海と違って自立できないのでどうしようか、と思ったら。
GUY鳴海の何と逞しいことか。



エレジェニーがもたれかかっても倒れないという・・・すごいよ鳴海!


やはり鳴海はこうでなくては!
タカラトミーから発売されているジェニーのボーイフレンド○○○君ではこうはいかない。共倒れするのがオチだろう。中性的なボウヤでは依存心の強いエレを支えることなんかできやしない。


 

幸せそうだな、エレ・・・。・゚・(ノ∀`;)・゚・


まぁ、ここまではいいのです。エレは幸せそうだし。
問題はここから♪
明日はちょっと大人の時間かも。





早く人形を出して遊びたいのに訳が分からない忙しさに翻弄されてます。
今日は身内で昼食会の予定だったのですが(東京駅近くの日本料理店で懐石・・・)、下の娘が熱を出したので母は一緒にお留守番。上の娘とパパは出かけて行きました。ま、母ってのはこんなものです。
チビチビも今は熱が7℃台に下がり元気にしゃくりまくっているので心配はなさそう。


だから頂いたイラストページにも検索避けを入れて再オープンしました。どうしてこのコンテンツが後回しになっていたのか自分でもよく分かりません。すみません・・・。

今日の天気と同じく、ちょっとバイオリズムが下降気味。
病み上がりの月曜日なんて誰でもこんなものかも。



以下は旧ブログから抜粋の人形記事全文無修正。【婿光臨】です。
私のテンションがすごいです(笑)。
過去記事でお茶を濁して手を抜いてるわけじゃないですよ(汗)。
人形夫婦を出して遊びたいなぁ・・・早くサイトをどうにかしないとね。









エレジェニー&フラジェニーにダンナ様がはるばるやってきてくれました。
なんと浮訊館の迅さんのおウチから!

ヤタ━━━━━━ヽ(゚`∀´゚)ノウヒョ ━━━━━━!!!

粘土のお部屋でラブラブしていた彼ですよ。そりゃあ、私の仕事も停滞するというものでしょう(それはいつもだけれどさ)。迅さんは鳴しろ信者の神様ですよ?!先日ブログで「エレジェニーも彼氏が欲しいだろうからNEO-GUYを買おうかな?」と書いたのを見て譲ってくださったんです。(勿論)エレモドキちゃんも一緒です。
何だか昨日から妙な気合が入っているな、私・・・(苦笑)。


で、現在の婿。↓




NEO-GUY鳴海。ひとっ風呂浴びて旅の汗を流してきたらしい。


いや・・・すっぽんぽんで紹介するのはちと恥ずかしかったものですから(汗)。バスタオルを腰に巻いて頂きました。手にはシルバニアのウォーターボトル。GUY鳴海が持つと栄養ドリンクかスタミナ剤にしか見えない。
彼のすごいところは重心移動さえきちんとしていれば自立するところですね。
これはなかなか・・・。
ご覧のようにのっぺらさんなので彼自身がメインになることはありませんがフラジェニーやエレジェニーとくっつくだけでかなりラブ度は上がることは間違いなしです。
髪の毛をどうするかで現在思案中。




夫のあられもない姿に恥らう初な新妻。



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ね?!莫迦でしょう?!
家のこともせんと、こんなことやって舞い上がってんのよ、私(涙)。
そうこれでも私は二児の母、三十路も半ばの女・・・。ふふふ・・・。
いいんだもう。こんなサイトを運営している段階で終わってるんだ。
今更、何を恥ずかしがることがあるってのさ、イエー!(壊れた・・・・。)


そう、GUY鳴海をモブにしか使えないもうひとつの理由に「GUY鳴海よりもエレジェニーの方が頭がデカい」というものがありまして(笑)。かたや耽美の世界も網羅できるドルフィー、かたや夢見る女の子の味方・天下のカタラトミーです。規格の違いはそこでしたね。上の画像みたいに少しエレを手前に持ってきて遠近法で誤魔化せる分には特に気にならないのですが。




そっと最愛の夫の背中を見つめるエレジェニー。やっぱGUY鳴海は滋養強壮剤を飲んでいるようにしか見えない(笑)。


これの後に「風呂上りに裸エプロンのエレジェニーに抱きつくGUY鳴海」ってのもやったんですがそれは秘密です。
いやん、もう。楽しいじゃないの、これ!


迅さん、本当にお気遣いありがとうございました。『オマケ』も嬉しかったです。
お人形は大事に使わせていただきます。少しでも迅さんの鳴しろ萌えを満たすことができるように遊・・・いえいえ、精進させていただきますね!邪険に扱われてないかどうか、時々様子を見に来てください。





こんなの読んだら人形遊びしたくなった(笑)。
近々絶対に出そう。

HOME |
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]