忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

過去記事でサルベージし忘れたフラジェニーのあれこれ。





今現在、ベースが出来上がりました。まだまだ手はいれないといけないんですがジェニーにポーズを取らせて手直し箇所の確認をしてみた。
とりあえずこんな感じ↓。



モデルはチビの量産型ジェニーちゃん。リンゴの代わりにチビのヘアーゴムを持たせて気分だけ出してみた。
その頃のエレジェニーちゃん。↓



「いやん、覗かないで」、と裸エプロンで放置中。


つくづく。藤田先生の布使いは不思議だ。
フランシーヌの腰に巻いた布、あれは一体どう巻いているんだろう・・・?それからフランの服の素材って何?座ると足の形が浮き上がって見えるくらいに柔ら かい素材、ガーゼみたいだけれど。同じ服を何度も洗いすぎて出るくたんくたんな感じ、なのかなぁ?流石にあんな布は探してこられなかった・・・。勿論、フ ランの服には「いい布」なんて使われなかっただろうからねぇ。


ドレスは安くて薄いベージュの生地を使用。肩掛けと腰布は古ぼけた色合いのドレスとは触感の違うものを使用。縁はあえて縫い代の始末をしないでジグザグをミシンでかけただけ。基本的にワザと縫製も乱暴(いや、私が元々そんな風にしかできないって話も・・・。汗)
この画像じゃあんまりよく分からないけれど肘まで腕まくりさせて、胸元に切れ込みもいれてあります。



「あはは、もう!びっくりしちゃった。」をイメージ中。
予想以上に身体が硬い。エレジェニーも同様、膝が硬くておネエ座りができない。



この先考えている手直し。
・まず帽子が大きいので後頭部の辺りを縫い縮めること。
・それからジェニーの身体が硬くてスカートのしたで脚が思いっきりW字になっているので後部の
スカートが原作のように丸く広がらない。予想して腰周りを全部タックにしたんだけどまだ足りない
らしい。
・新しい布のせいでパリッとしているので何回か洗濯機に突っ込むこと。
・同じく新しい布なので汚れがまったくない。フランの服は汚れて染みだらけのはずだから、紅茶や
コーヒーでまだらに染色すること。
・同じく汚した布でツギアテを作ること。
他に何かあるかなぁ。


結構、人形の服作るのって楽しい♪


***
ちょこっとずつ進行しているフラジェニー制作計画。
こんな小道具も用意しました。



カゴとリンゴ。


カゴはいつだったか結婚式の終わりにもらうドラシェなんかが入ってたもの。チビたちがオモチャにしてたのを失敬。元は真っ白だったので水彩絵の具でペテペ テと茶色く彩色。原作だとカゴに色は着いてないけれど、まずこんな漂白されたような白じゃないはずだし、おそらく木の蔓を編んだものくらいしか持てなかっ ただろうから勝手に茶色に決定。
本当はもっと薄型なんですよね、フランシーヌの持っているカゴって・・・でもまあよし。気分だから。


リンゴはナチュラル系のインテリア雑貨店で売ってたリースにくっついてたのを使用。如何せん、ジェニーの手に比べいささか大きいのだけれど・・・そう、普 通の梨と二十世紀梨くらいの違いがあるかもしれない。でも、紙粘土で作るのよりは色質感がリンゴらしいのでクオリティを重視、ということで。気分だから。


後は衣装の腰布のヒダを作ってちくちくと縫いとめる作業をしています。やっぱりただ腰に布を巻くだけではあのヒダヒダが出ないんですよね。衣装と小道具に関してはこれが終われば完成。



さて問題の銀髪ジェニー。裸エプロンちゃん。


このまま↑ではどうしても髪の毛にボリュームがありすぎるんですよ。一応ショートな娘さんなんですが。
エレもフランも短いようで長く、時に長いようで短い不思議な髪型をしてますんで・・・やはりハサミを入れなければなるまい、と入れてみました。
作業台の上に全裸で立つジェニーの銀髪をチビたちの前髪を切る梳きバサミでチョキチョキと。
1万5千円の人形にハサミを入れる、この恐怖。失敗したらハゲになる失敗したらハゲになる失敗したらハゲになる・・・ドキドキものですよ。娘の前髪がオン ザマユゲになるかもしれないことの方がどうってことないですよ。生えてきますから。でもジェニーは生えてこないのよ!でも果敢に攻めないとどうにもならな い。
何て度胸がいるんだろう・・・!


とりあえず、大匙一杯弱くらいのシュクル・フィレみたいな銀髪が作業台の上に散りました。でもまだ切り足りない。でももう今日の分の度胸は使ってしまった(涙)。
また後日、度胸を養ってリトライします。



***
しばらく間を開けて度胸が培われたので再度チャレンジしてみました。
エレジェニーの散髪。


原作のエレと見比べながら試行錯誤。
エレの髪型はサイドは顎と同じくらい。耳は見えない。頭の形が分かるくらいにピッタリと頭部のラインに添っている。後頭部も同様で、彼女には髪のボリュームが出すぎて困る、なんてことはありえないように思われる。
毎朝、大泉洋になって困る私とは対極にいらっしゃる。


そのうちに梳きバサミじゃ全体的な長さの解決にはならないことに気がついて、普通のハサミもツールに追加。切れ味の悪さに閉口しながら思い切ってサイドと襟足の髪を5mm程度カット。それから内側の髪に梳きバサミを入れまくって、大匙1杯強の散髪を決行。
二度目は慣れもあってかなり大胆に切っちゃった。
で、現在のエレジェニー↓。


(後)

(前)
比較して何となく短いの、分かります?


(後)

(前)
襟足近くは段カットにしてみた。


画像で見るとあんまり違わない?もう少し切った方がいいのかな?どうでしょう?
一応首周りもスッキリとして首が長く見えるようにはなったのですが。
でも肉眼で見るのと画像を通して見るのとでは印象が違って見えるのは確か。実物の見た目よりも髪のボリュームが出て見える。もう少しだけ、気持ちハサミを入れることにします。
ふと。
美容院の人ってすごいよねぇ。何でもそうだけど「何かを作り上げ形にする」職業の人って尊敬する。
次回、エレジェニーのお目見えはフラジェニーの完成かと存じます~。





相変わらず、人形をいじってる私は楽しそう(笑)。

PR
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]