忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

鳴海とエリ様の話。
元はウェブコミックスを受けての記事。





何だか鳴海がエリ様をガンガン抱き締めてる抱えてるのがかなり目立ちますねぇ(笑)。鳴海って相手を女扱いしているようにも思えないスキンシップっぷり。何かっちゃあ抱き上げる、抱き寄せる(ミンシアもファティマもそんな感じ)。
先だっての【男の魅力】記事じゃないけれど、逞しさ、とか、力強さ、ってのを体感させられると女って弱いよね。・・・・てか、弱くないですか?私だけか? 年頃の娘なんてものはどんなに細くったって「もっと体重減らさなきゃ!」なんて不必要なダイエットしちゃったりするもので、そんな自分を抱えて「やせっぽ ち=軽い」みたいに言ってくれる男ってのは確かに無礼なんだけど、ちょっと感動、みたいなさ・・・。
「この人は私が支えてあげないとダメなの」タイプが好きな女性は存在しますが、大抵の女性は寄りかかれる、寄りかからせてくれるタイプが好きだと思うので す。多分、『ベルばら』のアンドレ効果だと勝手に推理。自分の重い体すら持ち上げて平然としてくれたら見る目が変わります。そりゃ、エリ様だってデレにな りますよ(笑)。


そんなわけで微笑ましい鳴海とエリ様のやり取り。浮上する、鳴海はショートカット好き疑惑。「ショートカットの似合うサイテーなお姫様」のくだりは正直、 歯が浮きます・・・やつら全開で笑ってますけれども(苦笑)。そういうことはしろがねにもちゃんと言って頬染め祭をちゃんとやったれ!って声を大にして言 いたい。
もっとも、鳴海もしろがねが相手だと、エリ様相手のようにライトには言えなさそうだけど、褒めた自分も一緒になってテレそうな(萌)。鳴海って冗談ゲージ が上がってないと女を褒める芸当が器用にできる男じゃないように思うのでね・・・しろがねに「おまえの笑顔だってなかなかだぜ」って言った鳴海と比べると 分かるかと。
または「短い髪が似合う」、そうしろがねに告げる頃にはそれがピロートークになってたりねー。どっちでもいいわ、萌えには違いない(笑)。


鳴海とエリ様の楽しげな交流を見ていると・・・軽井沢の後も鳴海としろがねでこんな風にドタバタやって、そんな中、しろがねが「人間>人形」である自分に気が付いていく+鳴海への愛情上乗せエピを重ねていっていたら・・・なんて考えてしまう。
主人公3人の一丸となってなさ、なんて『月光条例』に比べたら可愛いものだし、作者が思うほど読者は気になってなかったと思うわけで、『月光条例』に至ってはそもそも主人公自体に読者の牽引力がな(ry
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]