忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日に引き続き、ちささんのイラストを2点、UPさせて頂きました。
他人様の作品で更新ばかりはどうなのよ、とは思いますけれどね、ほほほ・・・。
一枚は先日、先様でUPされた『うしとらサーカス!』なのですが、その鳴しろの衣装はあの藤田先生の描き下ろしの格好で、「これが先生の中でのふたりのデフォなのかなぁ」なんて思い、そういえば以前『月光条例』にふたりがゲスト出演したときってどうだったかな、と旧ブログを漁ってみました。


一応隠します。
そのまんま再録。
久しぶりに先生の鳴海としろがねに出会えて当時の私はテンションあがってます(苦笑)。












何が嬉しいってね、今週号のふたりが「『月光条例』の世界のパラレル住人」なのではなく、「『からくりサーカス』の鳴海としろがね」、ってのが嬉しいんですよ。コミックスの巻末に出てくるような、あんなふたり。お互いの絵描き歌を歌いっこしていたふたりみたいです(笑)。



↓夫婦漫才4コマ(笑)。
やっぱ、自分でサンデー見てくる、って人のためにちょっと下げます。




















この鳴海が見られただけで私はもう・・・感無量。
それにしても、しろがね・・・「腕だけ残して死んでくれ」って何てことを(笑)。
 


可愛いぞ、しろがね!乳の大きさも1-3巻時代に戻った?

 

「本当はカトウに・・・・こんなコト、言いたくないのに・・・どうしていつも・・・」

 

鳴海としろがねの夫婦漫才が拝めるとは・・・ッ!






・゚・(ノ∀`;)・゚・ 






しろがね・・・それでこそツンデレ・・・!
しかも原作初期の強気エレ、そしてギャグパートの鳴海!
これですよ!会いたかったのは・・・・ッ!
今日はもうこれでいい。
チビたちを幼稚園に送り出したら萌え死んでみる。





↓止めの二段オチ。




 

作者も鳴海も認めるツンデレ。鳴海に見とれるしろがね(笑)。
「エレ、カトウ、スキ!」(ポニョ風に。)

 

これはサハラの衣装なのかな?この格好がふたりのデフォなのね・・・。




シンデレラにツンデレラ。
鳴海のギャグは寒くても気にならない(笑)。




それにしても、『月光条例』のスターシステム、すごいなあ。
師父とルシールの本屋夫婦が出てきた後、メイド喫茶で働くロリコロンとディアが出てきたときは「ちょっとあざといかな」って思ったのですが、ここまで徹底するといっそ清清しさを感じる。
ここしばらく『月光』を読んでいなかったのですが、今週号だけで鳴しろ、アルメンドラ、ミンシア姐さん、東西妖怪の頭と・・・・古参の藤田ファンへのサービス、なんだか、作者本人が楽しんでいるんだか。


鳴海もしろがねもすごく生き生きしてました。楽しそうで、幸せそうで本当に何より!
『からくりサーカス』終盤でのふたりよりもずっとノビノビ。ただのツンデレネタで6コマですよ?尺のなかった終盤戦にはまず考えられなかったコマ割りです。
「腕残して死ね!」って(笑)。どんなシチュのケンカですか(笑)。


藤田先生ありがとう!
鳴海の誕生月にはとても相応しいファンへのプレゼントでした!








↑ここまで過去ブログ。
鳴海は多分描き下ろしと変わらない、しろがねは初登場時のサーカス衣装でした。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]