忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


納涼。しろがねの白面銀毛九尾狐。
手ブロの一番新しいツールを使ったら色塗りが楽だった件。



もっとも藤田作品で九尾と言えば白面の者、なのは重々。
玉藻の前だと『BEAST of EAST』のイメージで、妲己だと『封神演義』のイメージ。『大神』のツヅラオも忘れ難い。
私が初めて九尾狐を知ったのは女神転生シリーズの武器の名前かなぁ。キュビノムチが白面に繋がった時の目からウロコ感はいい思い出。
PR

もう少しマシなお礼絵を、と考えながら描いた挙句、血塗れ。
絵心はどこかに売ってませんか…。
いや、絵心と血塗れは別問題か。



苦痛をこらえるエレが好き、なのはともかくとして、どうしたって絵的インパクトが先に立って何か大事な物が置き去りにされている感が否めないシーンです。。。
そりゃ柔らかい石入りのエレの血は濃いィ万能薬だってのは分かるけれど、浄水場の生活用水全般に使われる水に血を投入したところで、かなりの部分が無駄になっちゃうよ。トイレやシャワー、皿洗いににだって使われるんだよ?
だったらもっと少量の血を料理や飲み水にこそっと入れた方が効果的じゃない?貧血でフラフラになって、わざわざ戦力を更に落とすことないじゃない?
やるならやるで、フウ、何で血の希釈方法を教えてあげないの?正二の行動を覗き見してたんだから黒賀村を救った方法だって見てたでしょ?ただ止めるように言うだけで、教えないで、エレが死に向かう道を進んでいるのを結果見るだけ、って本当最低だよね。
作者もしっかりしてよ。



後ね、エレのランジェリーがシンプル過ぎるのが萌えないったら萌えない!
もうちょっと描きこんでくれたってよくない?あんな下着、今時JCだって見に着けないよ?いくら非常事態で物がないだろうって思っても、ダメだ。絶対にヴィルマなんか、すっごい下着着けてるよ?エリ様に借りたなら借りたで絶対におしゃれランジェリー、刺繍がふんだん高級物だよう!
せめてコットン100%でも上品なレースがついてるようなの希望!
あんなの、脱がしたい気持ちにならないもの…orz
勝負時に彼女があんなの身に着けていたらどうですか?スクールブラみたいなの。
残念すぎる。

手ブロにたくさんのハートをくださっ方がいらしたので何かお礼を、と思ったのだけれど気持ちだけにしておけばよかったというとてもいい例。
どんだけぶりにか引っ張り出したペンタブは使い方を忘れていた。
手ブロは進化しすぎていた。
色々もう、ついていけない。お目汚しごめんなさい、すみません。



超久し振りにPCの前に座りました。
お馴染みのサイト様、ブログ様にもずっと遊びに行っていませんという不義理っぷりです。申し訳ありません。
というのもオフがものすごく気忙しく、時間がとれない有様です。
サイトを始めた頃はただただ小ちゃくて可愛いだけだった娘が今や、キュベロンで人形繰りの猛特訓を三婆に受けているエレオノールくらいのサイズになってしまい、やれ夏期講習やら夏期合宿やら習い事のサマープログラムやら宿題やら、連中のスケージュール管理に振り回されている次第。
迂闊にSSのファイルも開けられません。中身のぞかれたら最後、あんなもの読ませられん。
今日はジジババ宅にお泊りに行っているので久し振りにPCを開けて、これまた久し振りにニコ動でからくり動画を見て「やっぱ鳴海カコイイ!」になり、今に至ってます。




『からくりサーカス』のアニメ化に関しては何度か話はあったけどぽしゃった、みたいな先生の呟きがありました。
実際、43巻丸ごとアニメ化ってのはキツイと思うし、するならするでストーリーの取捨選択は必要だろうし、整合性だって見なおさなくちゃだし。
でもきっと、アニメ化決定したら絶対にbox予約する。賭けてもいい。
しない方がいい、したら後悔するかもって気持ちもあるけどこういう動画見ただけで「しゃべる鳴海を見てみたい」って気持ちになっちゃうんだから、やっぱりして欲しいんだよね(笑)。



二十四節季ですと霜降の頃ですが、まだまだ暑いくらいの陽気ですね。さすがに朝晩は冷えますけれども。霜月に半袖も年を追う毎にデフォになってきました。
さてさて。
男の子なら鳴海のような強い子に。
女の子ならエレのような可愛い子に。
そして将来、鳴海のような婿orエレのような嫁を連れてくる親孝行っ子に。



昨日、本屋さんで『からくりサーカス』5巻を発見。1,2巻は買った、3,4巻は買ってない。でも表紙がようやく本命キター!でしたので、文句なしにレジ直行でした。鳴海復活は4巻で果たしているようなので今度4巻も買ってこよう。5巻表紙の鳴海、私は初見です…どこにいた鳴海でしょうか?
コミックス全巻あるのにさあ…何てかこう…バカだよね(苦笑)。

パンタとアルレがエレベーター上にいます。



手ブロでも言い訳したのですが。
険悪な鳴しろを描いてたら私の脳内神が言うのですよ。
「エリ邸エレベーターの中でキスして『からくり』エンドでいんじゃね?シベ鉄もαステーションもなくても多分ハッピーエンドを迎える道はあるって」
常々、【モンサンミシェルがラスダンでよかった】が持論ですから、神託にしたがって仲直りさせました。



モンサンがラストダンジョン、で終わり。
じゃ何でダメだったのでしょうね?まあ、このネタは既出ですけど。

月命日。



絶望まみれで葛藤している鳴海はいい。
死者に囚われて、愛憎に板挟みにされてもがく鳴海が見たかった、
と何度言えば気が済むのだろう、この女は(苦笑)。
つーか、気立てのいい兄ちゃんでも、しろがねとイチャコラしているバカップル男でも、鳴海なら何でもいい。



この数カ月の懸案事項がようやく終わり、肩の荷が下りました…よかった。もう二度と委員長なんて引き受けたくない。役員自体をもうやりたくない。来年は絶対に何にもやらない。
10月いっぱいでハロウィン関係を終わらせたら、年賀状のための住所録を整理して、来月の真ん中を過ぎたらクリスマスの飾り付け。で、名古屋に帰省…で、新年、気がつくと新学年、と。
……早い。早すぎる。

リーゼたんラクガキ。



リーゼは 貧 乳 だ か ら こ そ 、萌えだったのに。
何ですか?あの、最終回のムチムチは?
エレの爆乳化だって解せないのに、あの少女体型ナースコスまで滅することはないじゃない?
仲町サーカスの爆乳担当はヴィルマだけでよかった…いくら最終回では乳サイズ上位2名が脱落したからって、リーゼの体型をあんなにする必要はなかった…ミニスカもいかん。清楚さが大事なのに!
先生はあらゆる萌え属性があることを勉強すべきだと思う。



乳乳うるさくてすみません(苦笑)。

お望みのままに…



初期のしろがねがいい。
この頃までのボディラインはいい。
脚も長すぎないから脚線美が際立つ。
細腰は細腰だけど、乳サイズが爆裂してないからバランスがいい。
そう、乳の大きさもちょうどいい。
デカけりゃいいってものでもない。
求めるべくは巨乳よりも美乳。
エンゲキのロケットおっぱいには驚いた。
ラグビーボールみたいに硬く、突き刺さってきそうで。
先生、初心に戻ろうよ。

鳴海が戦き過ぎ。



昨日、買い物に行った先で『年賀状印刷受け付け中』のポスターを見かけました。
今年も後3カ月、でもまだ3カ月、一年の1/4は残っているのに、もう暮れが押し迫ってきているの?色々と?分かってはいたけどね、カレンダーもberに入るとあっという間だってことくらい。
もう…本当にさあ…毎年毎年、何かに追いかけられているかのように365日が過ぎていく。
はあ…忙しい。だったらラクガキしてないで仕事すればいいのに。



コロンビーヌが言うわけですよ。
「私、人間の男に抱かれるなら、この男だわって思ったのよ。」
ナルミ、という名前を覚えて、「気に入っちゃった」と言い、鳴海がつれないのを大好きな恋愛小説の主人公の出会いと引っかけて、「そのうちに、ま、だんだんとね」と先のある発言をしている。
もっとも、コロンビーヌは気まぐれですから。
気まぐれに対象を鳴海から勝に移してても、彼女はそういう仕様ですから。



恋愛に興味があるコロンビーヌは他の最古たちよりもはるかに、フランシーヌ人形を笑わせる方法に近かったわけですよ。新主エレオノールの恋愛に絡んで欲しかったのですが、その相手を勝と設定するという……まー……コロンビーヌは作中鳴海と再会しませんでしたしね、ロリボディになってたしね。
定評のあるコロンビーヌの花道。
それを押しのけて、鳴海と「抱き合う」形でのコロンビーヌの花道を見たかったな…サハラでの発言を回収して欲しかった。鳴海では自動人形を抱きしめられない、とは思うのだけど、その鳴海が抱きしめたなら物凄いことです。ハーレクインロマンスにのめり込んでる恋愛を夢見るOLが、小学6年生に載っているような恋愛話みたいな恋愛で満足できるとは思えないんだもん。もっと濃厚なさあ…。
勝のぎゅうはなあ…コロンビーヌの追い求めてたぎゅうとは違うような…だけど、それだけコロンビーヌが勝に惚れてたってことなのかな?いやあ、あの「嬉しいな」連呼は恋愛とはやっぱ違うよね?



何にしても、フランシーヌ人形に触れずに死を迎えたコロンビーヌはちょっとね。
仮にママのところに還ったのだとしても。
ドットーレ以下です。

御目汚しを連発してすみません(陳謝)。
自分の中の流行があるため、描ける時に描いとかないと、という気持ちに突き動かされてます。




鳴しろ成分を抜いた場合、私の『からくりサーカス』ピークは25巻です。
いつまで里帰りしてるのさ、というツッコミどころに目をつぶる必要はありますけどね、今はもうアンジェリーナの体調が思わしくないため療養中だった、と自己解釈をいれてます。
その後はもう…ギイさんのフカシギな行動に対する説明が行われなかったために…もうイイマスマイ。
いや、やっぱちょっと言いたい。




過去編に絡み、アンジェリーナを死に至らしめた相手へのギイの狂気にも似た激しい憎悪が明らかにされました。勝を今にも縊り殺しそうなくらい、仇をこの手で討つ気に充ち溢れていたわけです。
アンジェリーナの死も、自分が苦しんだ病も、『しろがね』となったことも、フランシーヌ人形の悲哀も、全部、白金のせいだったわけです。この諸悪の根源を滅ぼさないとエレオノールの幸せな未来も約束されないのです。
ギイは遠の昔に『しろがね』ではなく、彼の行動原理は【ゾナハ病の根絶】→【ママンの遺言】となってます。真夜中のサーカスの殲滅だって、エレオノールの幸せな未来のために邪魔だから、が理由になっていたかも知れない。



そのギイがどうして仇敵との決着を勝に丸投げしちゃったのか、解せない。身体にガタがきていて、自分の先が短いのが分かったから他人に頼まざるを得なかったのだとしても。
何で小学生?鳴海にだったらまだ分かる。
ギイは鳴海をエレの伴侶として認めているのに、何で勝にエレの幸せを賭けた戦いを任せるの?
勝には勝の、金との確執があるのは分かる。でもそこにエレが関わっている以上、全権委任するのは鳴海でしょう?ギイや正二やエレと関係があるから『しろがね』の問題にも無関係ではない、のも分かるけどね、サハラ組の無念をまるで知らない勝だよ?勝VS金にはそこんとこの反映は皆無(ry



そもそも好きだって分かってるのに、何でエレに鳴海の生存を伝えずに更なるトラウマと心痛を与えるの?
つーか、鳴海に欠けた記憶の情報を執拗なくらいに教えなかったのは何でよ?
この期に及んで黒鳴海とエレの仲裁をしなかったのは何で?




初めてギイを描きました。
多分、大人のギイを描くことはないと思います。

フライング気味ですがハロウィン絵を。



勝とリーゼとロリコロのティーパーティ。
以前夢に見たのはアリス勝がマッドハッター・リーゼとマーチヘア・ロリコロに
「どっちのお茶を先に飲むの?」
ってティーカップをほっぺにグイグイやられてたのですが、まあ、だいたいこんな感じでした(笑)。で、後ろで白ウサギ・鳴海とチェシャ・エレがイチャコラしていたと。



ハロウィンかあ…。
今月も忙しいなあ…。

鳴海は仲町サーカスに潜り込んで、ゾナハ関連で具体的にどんな活動をしたのだろう?
(アルバイト除く)



朝、尾崎豊のニュースを見ていて
「彼は早くに死んだから伝説になれたよね」
なんて話をしていたら、上の娘が
「ジャンヌ・ダルクも19歳で死んだよ。だから?」
みたいなことを言うので
「ジャンヌは神様のために戦場で戦って、敵に捕まって、若くして火炙りにされたからね。その生き様が壮絶だからだよ」
という話をしました。


それで話を終えておけばよかったと今は後悔している(少しだけ)。
「でもさあ、『あ、神様の声が聞こえる!信仰のために私に立ち上がれと言ってる!私は神に選ばれし戦士だったのね!Follow me!』って娘って、今いたら電波以外の何者でもないよね。現代なら金持ち変態オタクだったろうジル・ド・レみたいな男に崇拝される辺り、もう、ねぇ…」
私には信仰心厚い聖少女もAKBもあんまり違いがないように見える。だからと言って、幼い娘に『ジャンヌ・ダルク=電波』なんてイメージを植える必要もなかったね(汗)。

人相悪。



血まみれの鳴海が好物。
下手の横好きも今に始まったことじゃない。
人形一体一体と時間をかけて戦っていた頃がよかった。

この炎天下タイムにキグルミ入れって、マジで?何の冗談?
ああ…
…しろがねのツラに「このくらいの暑さが何だ」って書いてある…



1か月半で2㌔減ったYO!後、3㌔は減らしたい。
私の健康的BMI値だと体重はダイエット前よりも更に重い。筋肉でその重さなら健康なんだろうけど、贅肉で目方が増えるイメージしかわかない(苦笑)。服も入らない。
大人って本当に食事ちょっとでも、体重もそんなに減らさずに生きていける…いったい何なの?

私、夏になるとラクガキが始まる…のかな?



もし黒鳴海がフランシーヌ人形と狙うエレオノールが小エレだったら。
しかも、キュベロン時代を引きずってる可哀そうな小エレだったら。
鳴海は問答無用で切りつけたりできないだろうなぁ。
泣いてロンドンに文句言ってるかもしれない。

暑い最中、暑苦しい絵…血まみれだし。


鳴海のあるるかんの腕、初期のヒラヒラが邪魔くさいタイプの方がよかった。フウに改造されてからは何だかマリオネットぽさがなくなっちゃってサイボーグ街道まっしぐらだよね。実用性重視なんだろうけどさ。
別にRTされたわけでもなんでもないのですが、ちささんとこの記事に触発されいてもたってもいられず、久し振りにペンタブを引っ張り出してみた。
CLAMP風お坊ちゃま。今まで、しろがねにだってこんなに睫毛を盛ったことはなかったし。




門七のはな参考。
あくまで参考。



ちささんとこで見かけた時はとても楽しそうだと思った。
自分で描いててもけっこう楽しかった。
問題は自分に絵力がないことを失念していたこと。
後悔はしていない。
でも色々皆さん、ごめんなさい。



鳴海視点で置き換えると勝のこのセリフはかなり重い。鳴海はたくさんの『しろがね』の命の上に自分が生きていると考えていて、実際にその通りで、自ら幸せになることを放棄してしまった。鳴海が傍で聞いていたら
「やっぱりそうだよな」
って変な納得をして、絶望への道を邁進するでしょう。要は踏まれる側の気持ちが問題なんだけど、死んだ人の想いを知りようがないから背負わなくていいものを背負っちゃうわけで。
まぁ、黒鳴海のことを度が過ぎたヒューマニストだと思うことはあっても、非情で冷徹なマシーンに思えたことってないけどね。
フウって何でも分かったような口ぶりだけどそれだけ。

バカップルが描きたくなって力尽きた。



ちささんとこに鳴しろを見つけたので私も頑張ってみた。
ようやく回復してきたHPを使い果たしてもこんなものである。絵心ってどこに売ってるのでしょうね…。

現実逃避のためのラクガキ。



すみません。不調です。
どうしても文字にならない。8割方は書き終わっているのだけどね。
多分、『からくりサーカス』に対するモチベーションがものすごく低下しているのだと思う。最近ちょっと、もろもろでね…考えるところがあって。ただ鳴しろに対するモチベーションじゃないところがミソです。


もう少し待って頂けると助かります。

今年もラクガキをちまちま描いていこうと思います。





今日から3学期が始まりました。やっぱり1月は時間が経つのが早い。倍速。



そんな中、新年早々ショックな出来事が。
やっちゃった…orz......。
やっちゃってた。運転免許、失効してた(涙)。



平成22年更新だってことは記憶してたんだけど、今は誕生日の前後1カ月が更新期間になってて免許証に記載されているのは自分の誕生日から1カ月後の日付だということに、失効した翌日に気が付きました(涙)。平成22年の誕生日が更新期日だと思ってたのよ!12月生まれの私はとうに過ぎた21年の誕生日が期日だったのでした。
12月生まれには意外な落とし穴が用意されてます!12月生まれの人、気をつけて!
とは言っても、こんなウッカリ屋は私くらいなものでしょうが…引っ越しして免許証の住所変更をしてなかったために更新連絡ハガキが届かなかったのが痛いです。


不幸中の幸いは本気で今年の12月まで気がつかなかった可能性もあったわけで、失効6カ月超えて気がついてたら冗談抜きで大変なことになるとこだった(汗)。6か月以内のウッカリ失効なら適性試験だけで済むもの。
ああ、それでも!
さらばゴールド免許……。


ほとほと嫌になってきたよ、このウッカリ性質!
今年はウッカリをやめてシッカリしたいです、はい。
とりあえず、1月のスケージュールのプリントをみて、失効免許の手続きに行ける日をダンナとすりあわせよう。絶対に半日仕事になると思うので、ダンナに平日休みをとってもらわないといけません…。それに合わせて住民票を取りに行ったり、証明写真を撮りに行ったりしないとね。

どんだけ長いマフラーだよ?ってツッコミはなし!おそらく4m超。



もう、鳴海としろがねが幸せでいてくれたらそれでよい。うむ。
気温的に寒くて気分だけでも暖かくなりたかった(らしい)。ラクガキに色を付けただけのシロモノ。ちゃんとしたイラストがご覧になりたい方はちゃんとしたサイト様に行ってくださいませ(汗)。



先日購入した『Wii fit plus』には、リズムカンフー、ってのがあります。厳密に言えば鳴海のはカンフーとは違う・・・のかどうか詳しいことは分かりませんけれども、チャイナっぽいそれでもう充分です(笑)。鳴海の構えを彷彿とさせてくれるため気合が入ります(ただし体重減やシェイプアップにはつながらない)。
ちょっとでも身体を動かすことにはなるので暖房がいらずエコですよ(笑)。

鳶加当鴉天狗ver.。
ハロウィンカラーで『からくりの君』を目指したけれどどうやら挫折したらしい(涙)。

パンプキンキング勝とマミー鳴海とブラックウィドウしろがねとウィッチリーゼ。
※勝のM字開脚があまりにも苦しそうだったので(笑)、修正。



間に会いました、ハロウィン絵(汗)。
ハロウィンは10/31なんですけれど、当日は上の娘の七五三の写真撮影なのでね、気分はガッツリ和風になっているでしょうから(笑)。
まずは藤田先生を筆頭に3連休サイン会に関わられた皆様、お疲れ様でした!
ここでは当然のように名古屋代表のおふたりを労いたい思います。サイン会の熱気と興奮は迅さんの日記でお分かり頂けるでしょう。長時間いてもその疲れを吹き飛ばすくらいの先生のサービス精神には感服しました。
そしてちささん、プレゼント喜んでもらえてよかったね!あんなに上手な似顔絵なんだもん、絶対に喜ばれるに決まってるよー、仕事部屋に飾ってもらえることはガチだね。
ともかく、お疲れ様でございました。数日は興奮冷めやらぬでしょうけどね(笑)。


原画・・・やはり東京で見たものを3カ所に振り分けたっぽい・・・、まさかとは思いましたけれども。直前に余計な情報を流してしまったみたいで申し訳ありませんでした(陳謝)。

裏表紙シリーズ(?)、その6、40巻。
裏表紙、というか既に40巻のネタ物、妄想編になっている・・・。ただバカップルを描きたかっただけ。
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]