忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

二十四節季ですと霜降の頃ですが、まだまだ暑いくらいの陽気ですね。さすがに朝晩は冷えますけれども。霜月に半袖も年を追う毎にデフォになってきました。
さてさて。
男の子なら鳴海のような強い子に。
女の子ならエレのような可愛い子に。
そして将来、鳴海のような婿orエレのような嫁を連れてくる親孝行っ子に。



昨日、本屋さんで『からくりサーカス』5巻を発見。1,2巻は買った、3,4巻は買ってない。でも表紙がようやく本命キター!でしたので、文句なしにレジ直行でした。鳴海復活は4巻で果たしているようなので今度4巻も買ってこよう。5巻表紙の鳴海、私は初見です…どこにいた鳴海でしょうか?
コミックス全巻あるのにさあ…何てかこう…バカだよね(苦笑)。






手ブロのリニューアル、マイナータグが悲惨なことになってますね。
記事の並べ方、何であんな形式にしたんだろう?日付毎にされてもメジャーでたくさんの人が毎日記事をupしてくれるタグならいいけど、たまにしか記事がないタグだとそりゃもう閑散としてて…。
藤田関連タグなんてまとめて見てナンボでしょ、枚数ないんだもん。いちいちクリックしてページをめくるの面倒だよ…。いよいよもって私、タグつけなくなる(今も殆どつけてないけど)。たくさん並んでるうちの一枚だからこんなラクガキでもまあいいかって気持ちになるけど、一枚だけポンと置かれるのはちょっと嫌ー。
初見さんがふらっと覗きにくることがなくなるならそれはそれで好き勝手やっちゃおうかな…腐タグのコメ欄とかけっこうすごいことになってるものねぇ…


てなわけで初めてコメ欄マンガ、なんてものを試してみた。
その結果はまあ…後悔はしてないけれど、私は絵を描く人じゃないのだよ…と改めて(涙)。
マンガなんて描いたことなかったし。難しいね(汗)。サラサラ皆さん描いてて尊敬する。私なんて何日かかってるの、しかも出来栄えはあの体たらくで(大汗)。
いや何、色々キスシーンをラクガキしてるうちに何となく…どうせお客さんの来ない店だし、と思って。



↑こんなの。
どんだけちゅーさせたいねん、とゆー…ごめんなさい。


いや、鳴しろにちゅーさせたいよ、ていうか、して欲しいよ、ていうか、して欲しかったよ?
前も愚痴ったけど、『もっとキス』というわりにはふたりのキスは作中1コマしかないしさ、それもあくまで絵画的なキスでさ、念願叶ってようやくしたキスのわりにはライトな感じでさ、お互いを欲しがって「もっともっと」ってせがむ想いが伝わらないってゆーか、唇を離したら二回目がなさそうってゆーか、全然舌を使ってな(ry


私は何といいますかこう…濃厚でウェットなキスをして欲しいわけです。
鳴海としろがねはずっと我慢に我慢を重ねていたわけですよ、言葉を呑み込んで、距離を置いて、触れれば傷つけて傷つけられて。今生で結ばれることはないって理解しているし、宇宙に旅立った鳴海に待つものは死だからエレも決死の覚悟でいて。
そんなふたりがもう忍耐しなくていい、いくらでも相手に想いをぶつけられる!ってなった時にするキスはもっとぐっちゃぐちゃになると想像するのですがねぇ。その場でおっぱじめることがなくても(原作には余計なギャラリーがいたし)、感情が奔流となって溢れ出せばキスをしながらふたりして号泣するか大笑いするか、号泣しながら大笑いするか、きれいなキスにはならないですよ。
鳴海もエレも戦い終わって泥みどろで血塗れで、草臥れ切って崩れ落ちるようにして抱き合って、ふたりで大泣きしながらキスをして、お互いの涙やら鼻水やらで汚い顔が可笑しくて可笑しくて、それでも大好きで、笑ったことがないエレと笑えなくなっていた鳴海が大笑いする、そんな泥臭いキスでよかった。
原作では悲願のキスと、しろがねの涙&笑い(感情)が切り離されて別シーンで描かれていたけれど、本当は連動すべきだったと思う。連動しないことでエレが鳴海との抱擁とキスに至上の感動を受けてない『鈍さ』が垣間見えて残念なんですよ。
もっとも、教会の中で全部済ませてしまうと、またはとっととキスを終えて教会の外に出てきてくれないと、旅立つロケットの存在が際立たないし、パンタアルレがエレの笑顔を目撃できないという事情がありますから。
本当にストーリーにキャラの行動を合わせるの、やめてください。


それから(これも何度目の訴えか、っていう)、感情が膨れ上がっている最中、あの鳴海が整然と「初めて会った云々」「愛していた」と告白してからキスするとはやっぱり思えない。言葉よりも先に行動に出てしまう男なはず。イノシシでしょうに。説明しているようなセリフ回しは鳴海には合わない。不器用でいい。
あの場面、鳴海もしろがねも胸がつかえて、気持ちが喉元までせり上がってきている状態で、言葉なんてもどかしいものですよ?出ないよ?
え?鳴海は一目惚れしてたの?車通しの底でしょ?なんて余計な考えを読者に持たせる前にやっちゃえばよかったんだよ…。


最後にフォロー、ってわけじゃないですが、藤田先生の作風にウェットなキス云々、そういうのが合わないのは分かってますよ?少年漫画ってこともあるし、そういう汁っぽさを描いてないのは仕方のないことだと思います。
ただそのものは描かなくてもいいから【予感】みたいなものを与えて欲しかった。
「この後のふたり」を想像できるアクションなり1コマなりを絵で示唆することはできるはず。キャラに似合わない説明口調とか、説明役を配置するとか(この場合は牧師さん)、ストーリーにキャラを当てはめて行動を殺すようなものを全て排除して、鳴海とエレを生き生きと動かして欲しかったです。
PR
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]