忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


『からくりの君』がお好きな方からコメを頂いたので、以前手ブロにUPした弥三郎を引っ張り出してみた。



『聖闘士星矢』の話題に触れたので昔話をひとつ(笑)。

私がオタクとなりコミケに行くようになった頃は今と違ってジャンルはそれほど多様化しておらず、『キャプテン翼』か『聖闘士星矢』かに二分化されていまし た。この段階で分かる人には私の年齢がバレてしまうと思われますが(苦笑)、C翼がそろそろ下火になりつつあり、星矢に【ころぶ】人が増えてきた時代で す。私は自分の好きなサークルさんが足を洗い、コミケに参加されなくなったときにカタギに戻りました(そして今になって『からくりサーカス』漬けとな る…)。
サンデーよりもジャンプ派でした。
まあ、その頃サンデーを読んでも『うしおととら』すら連載されてませんから(苦笑)。


星矢はジャンプで連載開始当初から読み、アニメもタイムリーでした。私が特に好き、というよりは友達が車田作品に傾倒し、『リングにかけろ』から『風魔の小次郎』から皆強制的に読まされました。
でまあ、その頃のジャンプも読んでいたのですけどね(私の中でのジャンプ黄金期かなあ)、そんな時にあった企画が【君もクロスを考えてみよう!】ってヤツ。
そうですね、『からくりサーカス』でも行われた【オートマ―タのデザインを考えてみよう!】と同じです。
今だったら応募者に腐の匂いが漂いそうですけれども、それには如何にも小学生!みたいなハガキがたくさん紹介されていたのを覚えてます。唯一造形まで覚え ているのは「竜骨座」のクロスのデザイン。名前から骨の竜の星座を連想したのでしょう、そういうデザインでしたが「竜骨」は船の部位の名前です。彼のデザ インは選ばれましたけれど誌上で見当違いも指摘されてました…勉強が足りないと言われているようで選ばれてよかったんだか悪かったんだか、って思いました (笑)。
何でそんなことを覚えているのか…すごく力の入った絵だったからでしょうね、ああ、この子は本当に好きなんだなって。多分、学校でも授業を聞かないでノートにそんなラクガキばっかりしてたんだろうなぁ(笑)。


コミケも行ったなぁ…キセルして(自動改札でなかった時代、苦笑)。
幕張メッセも東京ビッグサイトもなく、晴海とかTRCとか。コスプレも珍しかったあの頃…ロン毛の男が紫龍のコスプレをしていたのを目撃したときは「痛い」というのが正直な感想。
コスプレって例えばね、先だっての実写版『ヤッターマン』の出演者くらいにハマってくれれば価値アリなんですけど…毒を吐かせて頂ければ、自己満足なレイ ヤーはキャラのイメージを壊すだけだからやめてくれ、ですね。『仮面のメイドガイ』でもオフィシャルイベントでリアルイガラシを立ててましたけど、キツ かった(汗)。
もちろん、『からくりサーカス』のキャラでのコスプレも…キツいです、はい。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
昔セイント星矢の超合金みたいなの家にありましたよ~、そーいや若島津ばりのロン毛のキャラも居ましたね、やっぱり空さんは・・・

コスプレはやっぱり外人さんがしてナンボだと、外人さんのラムちゃんを見て実感しました。
Posted by こう 2009.08.12 Wed 21:18 編集
日本人のラムちゃんもキツイ。
外国のコスプレイヤーは美形が多いそうですよ?スタイルも文句なし、オタクっぽさも感じさせない。日本人には太刀打ちできませんよねぇ。たまにすごい人もいますけど。

まだ子どもが生まれる前、ダンナとデート中、コミケにぶちあたりました。レイヤーの多さにびっくりしていたらたまたまエスカレーターでキューティーハニーの後ろに乗り合わせまして、この子がグラマラスな可愛い子でした。お尻スキーなダンナがじっと見ていたのを覚えてますよ(笑)。日本人レイヤーも皆あのレベルだったらいいのですが。

私はねぇ…長髪と格闘技の組み合わせにはどうも弱いようです。
2009.08.13 Thu 17:41
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]