忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

 
兄ちゃん、ダイスキ!




ウチの弟ポジの勝は常にこんな感じが理想。
とにかく兄ちゃん兄ちゃんと犬の子のように鳴海にじゃれる。カルガモのヒナのように後をついていく。自分は弱くて小さい、だから大きくて強い鳴海に憧れる。鳴海もなつく勝が可愛くてしょうがない。しろがねがヤキモチを妬くくらいに仲がいい。
鳴海としろがねの仲を取り持とうとカスガイになるのも、しろがねのため、というよりは鳴海のため(←ここ大事)。もちろん、しろがねのことも大好きで彼女に幸せになって欲しいけれど、それ以上に鳴海との兄弟のキズナ重視。



原作の勝だって鳴海と再会して涙を流して喜んだ。
でもね、どうせだったらシベ鉄に鳴海も乗っていると知った時、しろがねの気持ち云々じゃなくって、自分の「鳴海兄ちゃんに会いたい!」って気持ちを優先し て仲町の制止を振り切ってでも鳴海に飛びついて欲しかった。そもそも仲町の「今はしろがねのために好きな人との最後の時間を~」なんてのは「何を今更」と しか思えないわけで、勝も聞きわけよく「そうだよね」なんて・・・。はっきり言って子どもらしくない。鳴海が自分のせいで死んでしまったのだとずっと悪夢 を見ていたわけでしょ?それが鳴海は生きていてそこにいる。勝だってずっと鳴海に言いたいことがあったろうに。鳴海がこのまま宇宙に行ってしまったらそれ を伝える機会もなくなるのに。
勝はしろがねのことが好きだからしろがねの想いを優先、ってのも分からないではないけれど・・・何か大事な人に再会できるのにそれをしないでしろがねのための行動をする、というのが、しろがね>鳴海、って感じがして悲しい。



鳴海としろがね、未来を閉塞されてしまったふたりはどんなにふたりきりの時間を持とうとも歩み寄ることは到底かなわないわけですよ。そこに鳴海にとっては 予期せぬ勝の乱入。しろがねには「記憶なんて空しい」と背中を向けることができても、勝に背中は見せられないでしょ。勝なんてダバダバ涙を流して抱きつく よ・・・そんな中、思わず鳴海の本音が垣間見えればそれこそ「しろがねのため」の何かがもたらされそうな予感がするのです。
頑なに「鳴海と勝は再会させない」を貫いちゃったからね・・・。それが作者の決めた方針だから揺るがないのは理解できますが、その結果、キャラが不自然な行動をとってしまうのが残念。
「しろがねに好きな人との時間云々」の説明や何かは省いて、空気の読めないカピタンのせいで強制戦闘、鳴海との再会叶わず、の方が運命のイタズラ的な流れで引っ掛かりはなかったと思う。
肝心な心情は全くスルー描写なしで、余計な心情は他人の口を使ってでもセリフで描写するのは悪いクセ。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
良質な魚場はここですか?
てな訳で、素敵なイラストに釣られてきましたよ!
かわいいかわいい!!!
…自分じゃ全然描かないけどさ。
そもそもはさ、この二人の組合せが大好きでサイトを始めた私ですから。
空さんの仲良し兄弟を拝めてほくほくです〜

…確かに「鳴海と勝は再会させない」をする為には、ちょっと全体の尺が長かったよね(苦笑)
Posted by ちさ 2009.08.04 Tue 21:15 編集
悪餌でごめん!
確かにこれは明らかにちささんを釣ろうと撒いてみましたけれども。あまりにも酷い餌なのでちささんがお腹を壊さないといいな、と思います(笑)。

そうよね…ちささんとこは【鳴海と勝の組み合わせ】でサイトが立ちあがったんですよね…忘れがちだけど(笑)。仕方ないよ、勝萌え熱暴走しちゃったんだもん。勝ファンには貴重なサイトだよ!

「鳴海と勝は再会させない」路線も長い作中のどこかでやった上で、最後はやはり再会させて欲しかったなぁ。『一瞬のからくりサーカス』で勝は鳴海を追いかけながら「今の僕はこんなに笑えるんだよ!」ってそれを教えたくて自分の笑顔を見て欲しくて追いかけたわけじゃない?あの時の笑顔を作ろうとしながら泣いてる勝がさぁ…健気で、読者としてはいつかふたりを向かい合わせてあげたいって思うでしょ?

鳴海と勝の涙の再会、見たかったな…(遠い目)。
2009.08.05 Wed 10:27
じゃあ調子にのって
さらなるエサに喰らいついてみる(笑)。

私も勝には鳴海の弟ポジを貫いて欲しかったクチ。
いつかこの二人の仲の良いじゃれ合いが見られると思ってたのに…。
シベ鉄での勝の「しろがね>鳴海」って感じ、すごくよくわかります。
そしてそれ以上に悲しいのは宇宙ステーションで、勝の口から鳴海への想いが一切語られなかったこと。金が勝を前にして兄の想いを知り、自分の過ちに気づくってのも確かにひねりがあっていいと思うけど、鳴海をとことん敬愛する勝を見て、自分も兄を尊敬し、信頼し、愛していたんだっていう事実を思い出すっていう流れも良かったかなあと思うんだよね。まあお話としては当たり前すぎてつまんないのかもだけど。
でもそういうの一切なしでエエレを譲っただの順番がどうの、エレへの想いだけが前面に出てて(まあ当たり前なんだけど、恋する男なんだから)何かこう…どうにも勝に気持ちが付いて行かないっていうかね…。勝はもう鳴海を発射台にしてはるか彼方へ飛び立っちゃったんだろうなーって(笑)。
仲良し兄弟な鳴海と勝が大好きな私としては何かすごく虚しかったというか…。
まあ藤田さんの本来の目的は勝の鳴海超えだもんね。仕方ないか。

つーか原作ファンの方から見れば、これって相当邪道で自分勝手な見方なんだろうなあ。

ごめんなさいね(苦笑)。
Posted by りる 2009.08.04 Tue 21:56 編集
入れ食いだ!
弟ポジの勝を前に金は「銀兄さんは弟の自分をこんな目で見ていたんだな」と思った。

私は二人姉妹の姉ですが、姉ポジの誰かを見て「妹はこんな風に私を見ているんだな」って思うことはまずないと思う。私は姉なので妹視点には立てない。『となりのトトロ』のメイを見るといつも「妹ってこうだよね、こんな風にお姉ちゃんが好きなんだよね」って今はもう30半ばの妹を可愛く思い出すのですが。

自分が弟だったらそれはどこまでも弟視点であり、兄の立場に立つことで兄に想いを馳せることは難しいのではないかな、って感じるのです。兄の気分を味わうことができても兄の気持ちは理解できない。
勝の鳴海を想う気持ち、自分の恋心よりも兄の幸せを優先する姿、「鳴海兄ちゃんが幸せなら自分だって幸せなんだ」って部分が一番金に欠けていたわけなんだし…それに最期の言葉は兄への謝罪。

金は言うほどしろがねに執着してたわけでもない、それどころかフラン個人にだって固執してない。それなのに「大事なのはしろがねの気持ち」とか女の話の論戦をしたってねぇ。金は結局、兄貴にご執心だったんだもん。
金の辿りついた兄の気持ちってのは自己満足でしょ。理想の兄を想い浮かべただけで。本当に銀の自分への想いを知りたいのであれば兄ポジの鳴海と一度対峙すべきなんだけどね…勝敗はともかく。

鳴しろ信者なんて邪道で妄想過多で脳内補完の能力がないとやってられないですって。
2009.08.05 Wed 10:51
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]