忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

先日、『月と太陽』のオープン祝いにりるさんへギフトSSを送り付けた私です。それが先様でUPされました。
『The jealous Moon & the honest sun.』、タイトルもりるさんサイトをリスペクトして【月と太陽】、りるさん仕様の極甘です。りるさんからリクを聞いた上で、りるさんの感想やら希望やらはできるだけサルベージして書いてみました。りるさんが喜んでくれたので御の字なのですが、こんなのでよかったですか?少なくとも鳴海としろがねはバカップル以外の何者でもありません。それだけは自信もって言えます!それからギフトSSにあるまじき長さであることも・・・力いっぱい言える(笑)。


テーマはヤキモチと普通の女の子。舞台は原作終了後。
ヤキモチを焼かせるためには対抗馬を出さないといけないのですが、最終巻以後の『からくり』世界では鳴しろ、向かうところ敵なしなんですよね(笑)。姐さんもエリ様も自分の気持ちに整理をつけたエンドになってますし、ファティマはお亡くなりになっている。オリキャラは嫌。と、考えて今回引っ張ってきたのがコミックスの背表紙で姐さん&エリ様と一緒に涙を拭っているあの人です。実際、あの背表紙を見るまで彼女が鳴海に惚れていたなどと欠片も思ってなかったのですが、さすがは藤田作品のヒーロー、いつの間にか落としていたようです。


メガネをはずした途端に色気が噴き出した気がする彼女・・・「アリガトウ」とすぼめられった口元を見て、鳴海は真っ赤になってましたね。それに関して、「何でフランス人がありがとうって言うのよ?メルシー、だったら最後は『イ』の形じゃん?」ってツッコミを入れてたのですが、「メルシーボクー」だったら問題ないことがこの度判明し、個人的にすっきりと納得してます(笑)。


よろしかったら『月と太陽』様へどうぞ。
最近、自分とこでは極甘SSに縁がないですからー。
PR
この記事にコメントする
Name
Title
Color
E-Mail
URL
Comment
Password   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]