忍者ブログ
鳴しろ信者である管理人の萌え吐き出し場&問わず語り。
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。


コンビニに並ぶ廉価版のちょっと厚いサイズのヤツが発売されるという宣伝。この鳴海のためだけにサンデーを買ったのだよ…。



以下、過去記事からロリコロンと恋愛について。




ふと。


コロンビーヌ(モデルチェンジ後ね)って鳴海がサハラを生き延びたことを知らないんですよね?だから、勝をエレとくっつけようとする。コロンは勝のエレへの気持ちは気付いているけれど、エレが誰を想っているかについては全く知ろうともしません。


【エ レが勝を愛しているのか】、この点に関しての考察を行わないで「エレオノールと愛し合うのはね、勝ちゃんなのよ」の発言はかなり乱暴です。コロンは勝視点 で擬似恋愛をしているように見受けられます。本来、彼女は女性型の自動人形なのでエレ視点での擬似恋愛をして然るべき。けれど勝視点でしか物事を見ない。 これもまた『からくりサーカス』が男性視点で物語が進んで行く顕著な例だと思うのですけれど・・・ま、少年漫画ですのでね、男性視点なのは結構なのです が、実際問題女性の目で見るべきものは女性視点で見られるべきだと思うし、女性視点自体がはしょられていたりしますから。


コ ロンの最期にまつわるシーンがとても泣けるシーンだと言われる方は多かろうと思いますが、私はもう少し何とかして欲しかったなぁ、と思わずにはいられませ ん。コロンの行動理由についてももうちょっと説明が欲しかったなぁ。コロンが何ゆえ本物のフランシーヌ人形ではないにせよ、新たな存在理由として認めた筈 のエレオノールを呼び捨てにしていたのか、なんてエレとのエピで簡単に消化できますから。
コロンが勝と接することで【人間を愛する心】を獲得して行く流れはとてもいいと思うのですよ。アルレもパンタも人間と交流していくことで変わっていきまし たから。けれど、人間と交流を持つことに必ずエレの「人間を傷つけてはならない」の命があるからと言い続けた2体とは違い、コロンは機能停止に至ってもフ ラン人形のことを思い出さなかった。こぶたの歌を歌いながらママ(おそらくフラン人形)の元に向かった描写がなされていましたが、ならばもっとエレのため にエレの立場に立って恋愛を知ろうとするコロンが必要でした。最期になってもフラン人形を口にしない彼女はドットーレ以下ですよ。下級人形レベルです。
勝との絡みも大事でしょうが、コロンが絡むべきなのはエレです。エレも鳴海も放置されてますから仕方ないですけど(怒)!いいと思っている方、すみませんね、水を差して。


少 しでもコロンがエレと恋愛について語る機会があれば鳴海の名前が出たのでしょうけれど、原作上にはそういった描写は見られない。新たな主・エレオノールに 恋愛について訊ねるコロンの姿が見られてもおかしくないのですがね。もしもコロンがエレの想う相手が鳴海だと知ったらどうしたでしょうね。感動的な勝との なんちゃらかんちゃらよりも主の幸せ第一に動いたと思うんですけれどねー。





どの記事を見ても、鳴海が本筋から弾きだそうとする作者の意図が見えるのが哀しい…。
PR
ブログ内検索

Template "simple02" by Emile*Emilie
忍者ブログ [PR]